Polityka情報保護方針

プライバシーポリシーとCookie(「プライバシーポリシー」)

このプライバシーポリシーは、ウェブサイトへの訪問者の権利と、それを通じて提供されるサービスを使用することへの配慮の表明です。 それはアートの下での情報義務の履行でもあります。 個人データの処理に関する個人の保護およびそのようなデータの自由な移動に関する欧州議会および13年2016月679日の理事会の規則(EU)27/2016の95、および指令46/119 / EC(個人データ)(4.05.2016年1月XNUMX日のJournal of Laws UE LXNUMX、p。XNUMX)(以下、GDPRと呼びます)。

Webサイトの所有者は、Webサイトのユーザーのプライバシーを尊重することに特に注意を払います。 ウェブサイトの一部として取得されたデータは、特に保護され、権限のない人物によるアクセスから保護されています。 プライバシーポリシーは、すべての関係者が利用できます。 ウェブサイトがオープンしました。

ウェブサイトの所有者は、その最優先の目標が、適用される法律の要件、特にGDPRの規定と電子サービスの提供に関する18年2002月XNUMX日の法律の規定に少なくとも対応するレベルのプライバシー保護をウェブサイトを使用する人々に提供することであることを保証します。

ウェブサイトの所有者は個人データやその他のデータを収集する場合があります。 これらのデータの収集は、その性質に応じて、自動的に、またはWebサイトの訪問者のアクションの結果として行われます。

何らかの方法でWebサイトを使用する各人は、このプライバシーポリシーに含まれるすべての規則を受け入れます。 ウェブサイトの所有者は、このドキュメントを変更する権利を留保します。

  1. 一般情報、クッキー
    1. ウェブサイトの所有者および運営者は、ワルシャワに登録されたオフィスを持つウォーターポイントSpółkazograniczonąodpowiedzialnościąです。住所:ul。 Służew1b / 10フォート8、02-787ワルシャワは、KRS番号:0000604168、NIP番号:5213723972、REGON番号:363798130に基づき、ワルシャワの地方裁判所が国内裁判所登録の商務部に保持している国内裁判所登録の起業家の登録簿に登録しました。 GDPR規制では、ウェブサイトの所有者は、ウェブサイトユーザーの個人データ管理者(「管理者」)でもあります。
    2. 管理者は実行されたアクティビティの一部として、ウェブサイトのページのトラフィックを観察および分析し、リマーケティングアクティビティを行うような方法でCookieを使用しますが、これらのアクティビティの一部として、管理者はGDPRの意味で個人データを処理しません。
    3. Webサイトは、次の方法でWebサイトのユーザーとその行動に関する情報を収集します。
      1. Webサイトは、Cookieに含まれる情報を自動的に収集します。
      2. ウェブサイトのユーザーが自発的に入力したデータを通じて、ウェブサイトのページにあるフォームで。
      3. ホスティングオペレーターによるWebサーバーログの自動収集。
    4. Cookieファイル(いわゆる「Cookie」)は、Webサイトのユーザーのエンドデバイスに保存され、Webサイトのページを使用するためのITデータ、特にテキストファイルです。 Cookieには通常、取得元のWebサイトの名前、エンドデバイスでの保存期間、および一意の番号が含まれています。
    5. ウェブサイトへの訪問中に、ウェブサイトユーザーのデータは、特に、以下を含む、特定のユーザーのウェブサイトへの訪問に関連して自動的に収集されます。 IPアドレス、Webブラウザーの種類、ドメイン名、ページビューの数、オペレーティングシステムの種類、訪問数、画面の解像度、画面の色の数、WebサイトにアクセスしたWebサイトのアドレス、Webサイトの使用時間。 これらのデータは個人データではなく、Webサイトを使用している人の識別もできません。
    6. ウェブサイト内に他のウェブサイトへのリンクがあるかもしれません。 ウェブサイトの所有者は、これらのウェブサイトのプライバシー慣行について責任を負いません。 同時に、ウェブサイトの所有者は、ウェブサイトのユーザーがこれらのウェブサイトで確立されたプライバシーポリシーを読むことを奨励しています。 このプライバシーポリシーは他のウェブサイトには適用されません。
    7. ウェブサイトの所有者は、ウェブサイトユーザーのエンドデバイスにCookieを配置し、それらにアクセスするエンティティです。
    8. クッキーはに使用されます。
      1. WebサイトのページのコンテンツをWebサイトのユーザーの好みに合わせて調整し、Webサイトの使用を最適化する。 特に、これらのファイルにより、Webサイトのユーザーのデバイスを認識し、ユーザーの個々のニーズに合わせて適切にWebサイトを表示できます。
      2. ウェブサイトのユーザーがウェブサイトをどのように使用しているかを理解するのに役立つ統計を作成し、その構造とコンテンツを改善できるようにする、
      3. Webサイトのすべてのサブページでログインとパスワードを再入力する必要がないため、(ログイン後)Webサイトユーザーのセッションを維持できます。
    9. このWebサイトでは、次のタイプのCookieを使用しています。
      1. 「必要な」Cookie。認証Cookieなど、Webサイトで利用可能なサービスの使用を可能にします。
      2. セキュリティを確保するために使用されるCookie、たとえば乱用の検出に使用される
      3. ウェブサイトユーザーによるウェブサイトページの使用に関する情報を取得するために使用される「パフォーマンス」Cookie、
      4. 「広告」Cookie。Webサイトのユーザーが自分の興味に合わせた広告コンテンツを提供できるようにします。
      5. 「機能的」Cookie。ウェブサイトユーザーが選択した設定を「記憶」し、ウェブサイトをウェブサイトユーザーに適合させることができます(選択した言語など)。
    10. Webサイトは、セッションCookieと永続CookieのXNUMXつの基本的なタイプのCookieを使用します。 セッションCookieは、Webサイトを離れたり、Webサイトのユーザーがログアウトしたり、ソフトウェア(Webブラウザ)をオフにするまで、エンドデバイスに保存される一時ファイルです。 永続的なCookieは、Cookieファイルパラメータで指定された期間、またはWebサイトユーザーによって削除されるまで、Webサイトユーザーのエンドデバイスに保存されます。
    11. ほとんどの場合、デフォルトでWebサイトの閲覧に使用されるソフトウェアでは、CookieをWebサイトのユーザーのエンドデバイスに保存できます。 ウェブサイトのユーザーはいつでもCookieの設定を変更することができます。 これらの設定は、特に、Webブラウザー(ソフトウェア)のオプションで変更できます。これにより、Cookieの自動処理を防止したり、Cookieがデバイスに配置されるたびにWebサイトのユーザーに通知したりすることができます。 Cookieの処理の可能性と方法の詳細については、Webブラウザーの設定を参照してください。
    12. Cookieの使用に関する制限は、Webサイトのページで使用可能な機能の一部に影響を与える可能性があります。
    13. Webサイトのユーザーのエンドデバイスに配置されたCookieは、Webサイトの所有者と協力する広告主およびパートナーによっても使用される場合があります。
  2. 個人データ、フォームに関する情報の処理
    1. ウェブサイトユーザーの個人データは管理者によって処理される場合があります。
      1. Webサイトに投稿されたフォームでWebサイトのユーザーが同意した場合、これらのフォームに関連するアクションを実行するため(GDPRの第6条(1)(a))または
      2. ウェブサイトのユーザーが当事者である契約を実行するために処理が必要な場合(GDPRの第6条(l)(b))、ウェブサイトが管理者とウェブサイトのユーザー間の契約の締結を許可する場合。
    2. ウェブサイトの一部として、個人データはウェブサイトのユーザーが自発的にのみ処理します。 管理者は、ウェブサイトユーザーの個人データを、ポイント1で述べた目的に必要な範囲でのみ処理します。 上記のaとb、およびこれらの目的を達成するために必要な期間、またはWebサイトのユーザーが同意を撤回するまで。 ウェブサイトのユーザーがデータを提供しないと、状況によっては、データの提供が必要な目的を達成できない場合があります。
    3. ウェブサイトのユーザーの次の個人データは、ウェブサイトに投稿されたフォームの一部として、またはウェブサイトの一部として締結できる契約を履行するために収集される場合があります:名前、姓、住所、電子メールアドレス、電話番号、ログイン、パスワード。
    4. ウェブサイトのユーザーが管理者に提供するフォームに含まれるデータは、管理者がポイント1で示された目標の実装に関連して管理者と協力する第三者に転送することができます。 上記のaおよびb。
    5. ウェブサイト上のフォームで提供されたデータは、特定のフォームの機能から生じる目的のために処理されます。さらに、それらは、管理者がアーカイブおよび統計目的のために使用することもできます。 データ主体の同意は、フォーム内の適切なウィンドウをチェックすることによって表明されます。
    6. Webサイトのユーザーは、Webサイトにそのような機能がある場合、登録フォームの適切なウィンドウを確認することにより、電子サービスの提供に関する18年2002月2002日の法律(電子通信手段による商業情報の受信を拒否または同意することができます( Journal of Laws of 144、No. 1024、item XNUMX、as changed)。 ウェブサイトのユーザーが電子通信によって商業的情報を受け取ることに同意した場合、ユーザーはいつでもそのような同意を撤回する権利を有します。 商業情報を受け取るための同意を取り消す権利の行使は、ウェブサイトのユーザーの名前と姓を含むウェブサイトの所有者のアドレスに電子メールで適切な要求を送信することによって行われます。
    7. フォームで提供されたデータは、特定のサービスを技術的に提供するエンティティに転送される場合があります。特に、これは、登録済みドメインの所有者に関する情報のインターネットドメインオペレーター(特に、科学および学術計算機ネットワークjbr-NASK)、支払いサービスまたはその他のエンティティであるエンティティへの転送に適用されます。これに関して管理者が協力する。
    8. ウェブサイトのユーザーの個人データは、関連する規制に定められた要件に従って処理されたデータを確実に保護するために技術的および組織的対策が適用されたデータベースに保存されます。
    9. ウェブサイトのサービスの不正使用によりウェブサイトへの参加が中止された者の再登録を防ぐために、管理者は再登録の可能性をブロックするために必要な個人データの削除を拒否する場合があります。 拒否の法的根拠はアートです。 19段落 アートに関連する2ポイント3。 21秒 1年18月2002日、電子サービスの提供に関する法律(すなわち、15年2013月2013日、Journal of Laws、1422年、アイテムXNUMX)。 管理者がウェブサイトユーザーの個人データを削除することを拒否することは、法律で規定されている他の場合にも発生する可能性があります。
    10. 法律で定められている場合、管理者は、第三者の権利の保護に関連する目的で、ウェブサイトユーザーの個人データの一部を第三者に開示することがあります。
    11. 管理者は、ウェブサイトの重要な変更およびこのプライバシーポリシーの変更に関する通知を電子メールで送信する権利を留保します。 管理者は、Webサイトのユーザーが同意した場合に限り、商用の電子レター、特に広告やその他の商用情報を送信できます。 広告およびその他の商業情報も、システムアカウントからの受信および送信レターに添付される場合があります。
  3. アートに準拠した個人データに関するサービスユーザーの権利。 15〜22 GDPR、各Webサイトユーザーには次の権限があります。
    1. データにアクセスする権利(GDPRの第15条)データ主体は、管理者から、自分に関する個人データが処理されているかどうかの確認を取得し、処理されている場合はそれらにアクセスする権利があります。 アートによると。 管理者は、処理中の個人データのコピーをデータ主体に提供します。
    2. データを修正する権利(GDPRの第16条)データ主体は、管理者に彼に関する誤った個人データを直ちに修正するよう要求する権利を有します。
    3. データを削除する権利(「忘れられる権利」)(GDPRの第17条)データ主体は管理者に個人データの即時削除を要求する権利を有し、管理者は以下の状況のいずれかが発生した場合、過度の遅延なしに個人データを削除する義務があります。
      1. 個人データは、収集または他の方法で処理された目的にはもはや必要ありません。
      2. データ主体が処理の根拠となる同意を取り下げた
      3. データ主体はアートに準じた処理に反対します。 21秒 1処理に反対し、処理する正当な根拠はない
    4. 処理の制限の権利(GDPRの第18条)データ主体は、次の場合に処理を制限するよう管理者に要求する権利を有します。
      1. データが正しくない場合-時間どおりに修正する
      2. データ主体はアートに従って異議を唱えました。 21秒1処理に対して-管理者側の正当な理由がデータ主体の異議の理由を無効にするかどうかが決定されるまで。
      3. 処理は違法であり、データ主体は個人データの削除に反対し、代わりにそれらの使用の制限を要求します。
    5. 5.データの移植性に対する権利(第20条GDPR)データ主体は、管理者に提供した、構造化された一般的に使用される機械可読形式で、彼に関する個人データを受信する権利を有し、この個人データが提供された管理者の側に支障なく、この個人データを別の管理者に送信する権利を有します。 データ主体は、技術的に可能であれば、個人データを管理者が別の管理者に直接送信するよう要求する権利を有します。 このセクションで言及されている法律は、他者の権利と自由に悪影響を及ぼしてはなりません。
    6.  6.異議を申し立てる権利(GDPR第21条)個人データが直接マーケティングの目的で処理される場合、データ主体は、処理がそのような直接マーケティングに関連する範囲で、プロファイリングを含むそのようなマーケティングの目的での個人データの処理にいつでも異議を唱える権利を有します。 。

    上記のウェブサイトユーザーの権利は、適用される法律で定められている場合は、支払いが行われない場合があります。

    上記の権利に違反した場合、またはウェブサイトのユーザーが個人データが適用法に反して管理者によって処理されていることを発見した場合、ウェブサイトのユーザーは監督当局に苦情を申し立てる権利を有します。

  4. サーバーログ
    1. ほとんどのウェブサイトで認められている慣行に従って、ウェブサイトオペレーターは、ウェブサイトオペレーターのサーバーに向けられたhttpクエリを保存します(ウェブサイトユーザーの一部の行動に関する情報はサーバーレイヤーに記録されます)。 参照されたリソースは、URLアドレスによって識別されます。 Webサーバーのログファイルに保存される情報の正確なリストは次のとおりです。
      1. 問い合わせ元のコンピューターのパブリックIPアドレス
      2. クライアントのステーションの名前-可能であれば、httpプロトコルによって実行される識別
      3. 承認(ログイン)プロセスで提供されるWebサイトのユーザー名
      4. 問い合わせの受領時間、
      5. http応答コード、
      6. サーバーが送信したバイト数
      7. Webサイトユーザーが以前にアクセスしたページのURLアドレス(参照リンク)-Webサイトがリンクを介してアクセスされた場合、
      8. ウェブサイトユーザーのウェブブラウザに関する情報
      9. httpトランザクションの実行中に発生したエラーに関する情報。

      上記のデータは、ウェブサイトで利用可能なページを閲覧している特定の人々に関連付けられていません。 ウェブサイトの最高の品質を確保するために、ウェブサイト運営者は時々ログファイルを分析して、ウェブサイト内のどのページが最も頻繁にアクセスされるか、どのウェブブラウザが使用されるか、ウェブサイト構造にエラーがあるかどうかなどを判断します。

    2. 運営者が収集したログは、ウェブサイトの適切な管理に使用される補助資料として無期限に保存されます。 そこに含まれる情報は、運営者以外のいかなる事業体または運営者に関連する事業体に、個人的に、資本により、または契約により開示されることはありません。 これらのファイルに含まれる情報に基づいて、Webサイトの管理に役立つ統計を生成できます。 そのような統計を含む要約には、Webサイトの訪問者を識別する機能は含まれていません。